前へ
次へ

便秘の予防になる食べ物について

便秘になる人は多いと言われていますが、その予防としては食事で腸内環境を改善すると良い結果が生じやすくなります。
この場合には善玉菌となる乳酸菌がとれるヨーグルトや、善玉菌のエサになるオリゴ糖がたくさん入っているごぼうや玉ねぎなどを食べると良いでしょう。
また、水溶性食物繊維が多いアボカドやこんにゃく、抗酸化作用があるキャベツやにんにくなども便秘予防の食材と言えます。
そしてこのような食材を毎日十分に食べて、食事を1日に3回しっかりととるようにすると良い効果が出やすいはずです。
便秘になってしまうと胃腸の状態が悪くなったり、薬を飲まないとだめになってしまったりする可能性が出てきて大変なので、普段から便秘予防の食生活を考えてみることをお勧めします。
そして便秘予防に適したメニューを知りたい場合は、それに関する本やサイトでの情報を読むようにして、それでも十分でないと思うときは医師や栄養士に相談してみると良いでしょう。

Page Top